お好み焼きはそば肉玉

書きたい時に書きたいことを書くブログ

自己紹介

広島県西部生まれ。

広島市より山口県の方が近い。

現在は都内在住。

 

小学校は地元の公立校。

5年生あたりから友人たちが塾に通い始めて、

放課後に遊ぶ友達が減る。

塾に通う理由を聞くと「中学受験のため」と衝撃をうける。

中学受験の存在を知らず、全員、地元の中学校に行くものと信じていた。

地元の中学校は柄が悪く、通いたくないと思っていたので、

自分にとっては朗報。親に頼んで塾に通わせてもらった。

そして塾で遊ぶようになる。

 

中学受験は甘くなく、第3希望の広島市内の学校に入学。

同級生はすべからく第一、第二希望をすべて落ちて入学しているので、

良い意味でお互いに対抗意識がない。男子校6年間、わちゃわちゃした。

校風なのか偶然かはわからないが、他人と同じであることを良しとしない雰囲気があった。「おまえ、最近フツウじゃね?」の一言をもらうとひどく動揺する。

悪い意味でおとなしく、個性が出てないと、こういう指摘が飛び交う。

くだらない同調圧力がなく、とてものびのびできた。

 

紆余曲折を経て、東京の私立大学に入学。

模試ではD判定の完全なる記念受験だったが、縁があったのか合格。

いつもA判定で受かると思っていた関関同立は逆に落ちた。

調査が甘かったせいで、学校でも1,2番めに厳しい学科に入ってしまう。

友人たちの力を借りて、なんとか留年せずに卒業。いまでも感謝している。

 

大学卒業後はご多分に漏れずサラリーマン。

世間から見ればホワイトな職場だが、仕事は楽しくはないのでセミリタイアすべく奮闘中。